Key Vocabulary用の単語シート

Business English Proは週に5日更新されるプログラムですが、毎日4レベルそれぞれに5つのKey Vocabularyが提示されます。

この語彙はその日の記事にとって重要なものを制作チームが選択したもの。 このボキャブラリーはBEProの中でMy Vocabularyとして管理することができます。

しかし、通常のスプレッドシートなどでもっと自由に管理できればと簡単なシートを作成して公開したところ、そのシートを見たFacebookグループ Biz English SQUAREのメンバーからマクロを組んだシートをお送りいただきました。

スクリーンショット 2016-06-07 22.24.01

このシートにはコーパスなどの利用頻度に応じて12,000強の語彙をレベル別に並べたテーブルと、単語帳に登録した語彙をマッチさせています。

つまり、調べて登録した単語が一体どの程度のレベルの単語なのかを知ることが出来ます。これである程度自分の語彙レベルを知ることができます。例えば、未知の単語が5,000語レベルが多いようであれば4,000語程度の語彙はある言えます。 これはあくまで参考にすべき事ですが、やみくもに単語を調べて並べていくよりもメリハリがあるので、楽しみながら単語を学習する事ができます。

さらに、Business English ProのKey Vocabulary画面をCopy & Pasteするだけで単語シートにきちんと並べられるようなマクロが組まれています。

スクリーンショット 2016-06-07 22.24.24

 

このマクロ付きのシートを作成して下さったのは W. コージさんと後輩のヤナギーさんのお二人。

このシートには利用者のためにBEProとの連携部分について「利用法」が一枚のページでまとめられている点も有難いです。

スクリーンショット 2016-06-07 22.24.46

 

実は、このシートを更に発展させてモバイル端末をお持ちの方であればとても便利なアプリがあるので、これもお勧めです。

アプリの名前は

Flashcard Deluxe

flashcards-deluxe-48-b-512x2501

 

 

 

 

この一見どこにでもありそうな単語カードですが、結構使い勝手は良いのです。 Text To Readという機械音声でありますが単語や文章を読み上げてくれる機能まで付いています。

最初はDeck(デッキ)と呼ばれる入力したスプレッドシートなどを読み込む作業に戸惑いを覚えるかもしれませんが、一度コツを覚えれば簡単。 スプレッドシートの2列、あるいは3列に覚えたい 単語 意味 例文などを入力、保存しておけば、アプリに読み込んで以下のような画像でタップする度に画面は変わります。

エクセルスプレッドシートの1列目に登録した英単語

IMG_3620

登録した英単語の意味(日本語ですが英英辞典を使えばここを英語のdefinitionもあり)

IMG_3621

単語が使用されているBEPro記事を例文として表示

IMG_3619

以上となります。

コージさん&ヤナギーさんのスプレッドシートが必要な方は、メールをいただければDownload頂けるように致しますので

matt3coach@gmail.com 宛にご連絡下さい。

(Visited 6 times, 1 visits today)

5 Comments

  1. マットさん、いつもポットキャスト楽しく聞いています。

    これほどはまるプログラムも久しぶりです。
    プログラムのコンテンツが充実していて、スタートアップする人やビジネスマンには必聴のプログラムでしょう。

    コージさん&ヤナギーさんが作成したスプレッドシートをトライしてみたいです。

    是非、お送りください。

    1. Spreadsheetに関して mktさんにお答えしていましたでしょうか?色々な媒体を扱っていて、上手くマネージできていないかもしれません。
      info@wisdomsq.com にスプレッドシートという件名で送ってもらえるとありがたいです! マット

  2. スプレッドシート ぜひ試してみたいと思います。

    1. スプレッドシートについてはinfo@wisdomsq.com までお問合せ下さい。宜しくお願いいたします。

    2. 以前にもお知らせしました通り、スプレッドシートについてはinfo@wisdomsq.com までお問合せ下さい。宜しくお願いいたします。

Leave a Reply

Required fields are marked*